Amazonプロモーションムービー に含まれる、 動画の ” 三種の神器 ”とは?

ワンちゃんがライオンに変身した理由とは?グッとくるAmazonのプロモーションムービー

学ぶ

涙する人や、キュ~っとなる人が続出していると話題になっている、犬好き必見のAmazon Primeのプロモーションムービーの秘密を紹介します。私は、どちらかというと、ネコ派なんですけどね・・・。

 

 

犬好き には たまらない!? アマゾンの プロモーションムービー

ではさっそく、Amazon Prime Commercial “Lion” (Japan)をご覧ください。

※クリックすると、動画が再生されます。(約30秒の動画です。)

[出典:YouTube]

いかがですか?
この動画のコメント欄には、「涙した」というコメントが多数寄せられているとともに、「ワンちゃんの何とも言えない表情」についてのコメントも多数寄せられています。

 

 

動画 には” 三種の神器 ”が 含まれ ていた!?

Amazonプロモーションムービー に含まれる、 動画の ” 三種の神器 ”とは?

じつは、TV番組と同じように、プロモーション動画においても、「これをつかっとけば間違いない!」という三種の神器があります。

今回紹介したアマゾンのプロモーションムービーの中でも、それが取り入れられていたのですが、何だかわかりますか?


人の興味を惹き付けるプロモーション動画の三種の神器というのは、

①子供(赤ちゃん)

②動物

③美人(イケメン)

という3つです。

TV番組の場合、③が”グルメ”に変わります。ただし、放送する地域や番組によっては、②がターゲット(例えばおじいちゃん、おばあちゃん)に変わったりするようです。


アマゾンのプロモ動画では何が使われていたのかというと・・・全部です(笑)

「3種の神器を使っとけばいい」というモノではありませんが、紹介した動画の場合まぁ、意図的に使っているでしょうね。

でも、主役は”犬”でしょうね。あの表情は反則です(笑)

 

 

ネットメディア の 影響力 はスゴイ!?

余談ですが、ネットメディアの影響力ってスゴイですね。

何のことかというと、アマゾンは紹介した動画以外にもたくさんの動画を公開していますが、紹介した日本向けの動画は再生回数が約60万回に達しており、他の動画よりも圧倒的に多く再生されているからです。

いいモノをシェアする文化って日本だけなの?っと、一瞬誤解してしまうくらい、AmazonのYoutubeチャンネルの他の海外向け動画とは、再生回数が違います。(1番多い!・・・というわけではないですけどね。)


おそらく、その要因となっているのが、日本のネットメディアでの紹介です。

それを見た人が、どんどんシェアしていくことによって、勝手に再生回数が多くなっていったのでは?と思います。

あ、誤解しないように補足しときますが、AmazonもGoogleアドワーズ広告に出稿するなどの宣伝活動をちゃんとやっているので、そこから知ったという人も多いハズです。

ですから、「広告を出さなくてもこんなに再生された!」と言っているわけではないですよ(^_^;)

 

 

これからの プロモーション の やり方 とは?

今後プロモーションを行うのであれば、TVCMにこだわる必要はないということが言えます。「不要」ではなく、「こだわるな」ってことです。

そして同時に、ネットメディアを積極的に活用していくべき!ということも言えます。
もちろん、ターゲットによっては、TVの方が圧倒的に良いケースもありますから一概には「ネット広告>TVCM」とは言えません。

ただ、時代の変化として、クロスメディア的な視点からプロモーションを行うことがポイントに移っているということです。


クロスメディアというのは、異なる複数のメディアを通じて顧客にアプローチすることで相互に強化し隙間を埋めて強い印象を与える広告手法のことをいいいます。(by コトバンク

要するに、「TVCMが最強だ!」とか「雑誌広告の方が売れる!」みたいな”1つのコンテンツ”にこだわらずに、「アレもコレも」という感じに複数のメディアを効果的に使った方が、影響は大きいですよ!っていうことです。


いずれにしても、近年のプロモーションは「動画」が軸になっていることは確かです。

プロの機材を使わなくても、スマートフォンでも十分きれいな動画を撮影することが出来る時代ですから、小さな会社なら積極的に動画PR活動を行うことをオススメします。

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください